AV女優のオーディションに挑戦!私の必勝法を公開

AV女優 オーディションに挑戦!詳しく紹介します。

AV女優 オーディションのサイトはアダルトコンテンツを含んでおります。
※18歳未満は閲覧できませんので、ご退出ください。
当サイトに入場するには、自己の責任においてご入場下さい。

AV女優のオーディションで受かるには。

AV女優はオーディションと言うよりは面接。

 

芸能人とはなり方がまったく異なる

 

「AVアイドル」と言われているワードがあるのと同様に、いまではAV女優にはテレビタレント的なポイントがいっぱいなりました。

 

この為AV女優になったらアイドルのオーディションと同じみたいなものだと考えている人もいらっしゃると思われます。

 

だけど、本当のところ、そんなことはないです。

 

AV女優はオーディションと言うより面接でありまして、アイドルとは違います。

 

こちらでは、AV女優になるためのプロダクション面談に関して紹介していきましょう。

 

AV女優になるにはプロダクションに入る必要がある。

AV業界は独特な業界です。

 

その分一般の職種と比較する時に数々の違いのあるはもちろんですがですが、面談もその1つだと言えます。

 

通常の仕事では面接と聞かれると就職の為に受ける面接のことを指しますが、AV女優が希望ならかなりの面接がつきものです。

 

一番最初にやって貰うのがプロダクション面談です。

 

AV女優を目指すにはAVプロダクションに加入しないといけないため、プロダクションに加入するための採用面談を受けることと思います。

 

プロダクション面接は実質は一度きりです。

 

AV女優として働きたいという期待を寄せている女性が、プロダクションに第一に採用するにあたって行われるものです。

 

そうしたら余程の経験が無い限りプロダクションを変えてみると言われていることがないからです。

 

この部分がオーディションに反するところです。

 

アイドルのオーディションは数千人、全ての女性がアイドルに取り組んでみたいと考えて受けるものであり、その内から何人かが選別されます。

 

しかし、AV女優のプロダクション面談は、他の多くの職業の採用試験やバイトの面接と似通っているものと感じて差し支えありません。

 

単純に言えば、自身のやっていきたいと思っている求人先の従業員さんと面接を行い、就職の可否と取り決めていくものです。

 

そのうえで、AV女優は一番初めに所属したプロダクションでAV女優活動を行い、AV女優を全うします。

 

時折プロダクションを移すこともないわけではありません。

 

プロダクションから分かれて働く場合や、プロダクションと何がしかのトラブルを引き起こしてどうしてもそのプロダクションで力を注ぐことをキープできなくなった場合に限られます。

 

これ以外に、プロダクションごとに強みを持ったジャンルは異なるため、AV女優が活動のベクトルを大きく変更したいと切望したとき、止むなくプロダクションを変更することもあります。

 

それにもかかわらず、面接を受ける人数に関しましては一般の採用面接じゃあないです。

 

普通の就職面接の場合には、いくつかの会社を受けることになるでしょう。

 

とりわけ現代のように景気が縮小して就職先が発見できにくい状況では、数十社を受ける人もかなりいます。

 

プロダクションに面接するのは、大体一社。

しかし、プロダクション面接におきましては数え切れないほどのプロダクションを面接するという女性は全くいません。

 

ホームページ上などで発見した一社に限って面接を受けるため、幾つかのプロダクションの面接を受けて、その内からよりよいプロダクションを受けると言う点がないのです。

 

これは、各プロダクションの案内がそれほど公開されていないから比較のしようもなく、一番初め一社を受けて見ざるをえないといったことも関係していることでしょう。

 

ですから、自分の良いなあと思っているAV女優が加入しているから、条件が何となしによさそうに見えたから受けた。

 

パッと見てそのプロダクションに引きつけられたから、等の事情から一社のプロダクションの面接を受けることです。

 

ていうか、世の中の風習も深く関係しています。

 

AV女優になる女性に関しましてはスカウトによってAV女優になる女の方は少なくありませんが、スカウトマンはスカウトした女の子を特定のプロダクションに紹介します。

 

ですから、スカウトを受けた女の人は一社のプロダクションの面接を受ける結果となるため、あちこちのプロダクションの面接を受けることが無いのです。

 

このようにして、自分で考えてホームページの募集を見て応募を行ったり、スカウトマンからスカウトされるなどによってプロダクションの面接を受けます。

 

採用となったら晴れてAV女優の身分での社会的地位を確保することとなり、AV女優ライフをスタートさせることとなります。

 

 

AV女優は、プロダクション選びが肝心。

AV女優が人気があるための要因の一つにはかわいさは大切なものである為、当日にばっちり決めていくことも大事です。

 

でも、オーディションと比べて用意して受ける必要はありません。

 

とりわけスカウトを受けてプロダクション面談を受けに出かける場合が特にそうなります。

 

スカウトを受けているという現実がある場合に、一定のレベルが担保されていることだと言えるでしょう。

 

ハナから、AVに参加見込める一定のレベルがない女性や、AVに出演すれば人気が出る女性を感じたからこそスカウトマンが声を掛けているからです。

 

それがあるので、そういう風な女性が面接を受けた際に不採用となるとされているところはほとんどなく、これがオーディションと異なるところです。

 

ただし、自分自身で応募する時にはオーディションと似たテイストが起こるのも自然なことです。

 

AV女優に自分自身で志願する女の人が数えられないほどになり、働いていないAV女優も取りまとめれば現在AV 女優は10000人ほどいるともされているご時世です。

 

したがって、スカウトで声をかけられた女性のように、受かる保証のようなものがない以上はオーディションに似たものがあると言えます。

 

しかし、中小のプロダクションは抱えている業者やプロモーションをしていく費用が存分にないため絶対に売れるかわいい女の子ばかりを採用する傾向があります。

 

それに代わり大手のプロダクションは販路や業者とのつながりも密接なため仕事の依頼が多く入る可能性が高いです。

 

だから最初のプロダクション選びは非常に重要なのです。

 

私はDUOエンターテイメントという大手のプロダクションに所属したので、安心して仕事に取り組むことができました。